知識

エステ脱毛と医療脱毛で使用される脱毛の種類と違いをシンプルに解説する。

 

シンプルくん
シンプルくん
この記事では、エステ脱毛と医療脱毛の種類や違いをシンプルに説明しています。

 

脱毛には、大きく分けて2種類の方法があります。

 

  1. エステ脱毛(サロン脱毛)を受ける。
  2. 医療脱毛(クリニック脱毛)を受ける。

 

いずれかの機関で脱毛を受けることで、除毛や家庭用脱毛器にはない効果を得ることができます。

 

それでは、エステ脱毛と医療脱毛のどちらを選べばよいのでしょうか。

 

様々な要因がありますが、大きくな違いはメインで使用する脱毛機器の違いです。

 

  • エステ脱毛は、光脱毛または美容電気脱毛の脱毛機器を使用。
  • 医療脱毛は、レーザー脱毛の脱毛機器を使用。

 

ここで3種類の脱毛方法を一気に出してしまいましたので、簡単にメリット・デメリットまとめておきましょう。

 

脱毛方法 ニードル脱毛 レーザー脱毛 光脱毛(美容ライト脱毛)
機関 ・エステ脱毛
・医療脱毛
・医療脱毛 ・エステ脱毛
・医療脱毛
内容 毛包に細い電極を挿入し、微弱の電気を流して発毛組織そのものを処理する脱毛方法。 メラニン色素(黒い部分)にレーザーを当てることにより毛根を焼く脱毛方法。 メラニン色素(黒い部分)にライトを当てることにより毛根を弱らせる脱毛方法。
種類 ・美容電気脱毛
・絶縁針脱毛
・アレキサンドライト
・ダイオード
・ヤグ
・IPL
・SSC
・SHR
メリット ・永久脱毛
・効果が◎
・永久脱毛
・効果が〇
・麻酔と併用可能
・安価
・痛みが弱い
・肌の負担が少ない
デメリット ・高価
・痛みがかなり強い
・高価
・痛みが強い
・効果が△
・時間がかかる

 

 

これらの脱毛方法について解説していきます。

 

エステ脱毛

エステでは、一般的には「美容電気脱毛」と「光脱毛」の2種類を取り扱っています。

大きく分類するなら、脱毛効果が高いものが「美容電気脱毛」で、痛みが少ないのが「光脱毛」です。

それでは解説していきましょう。

 

ニードル脱毛:美容電気脱毛

毛包に細い電極を挿入し、微弱の電気を流して発毛組織そのものを処理する脱毛方法。

メリットは、施術した直後から永久脱毛効果が表れやすいという点です。

美容電気脱毛は、FDA(米国食品医薬品局)がPermanent Hair Removal(=永久脱毛)と認めた脱毛法なのです。

デメリットは、個人差はあるもののとても痛いです。

よく一般的に、ニードル脱毛>レーザー脱毛>光脱毛の順で痛いと言われますが、まさにその通りだと思います。

エステで施術が主であり、麻酔がないため痛みを軽減できないことも、最も痛いと言われる由縁です。

そんな、美容電気脱毛には、3種類の脱毛メカニズムの機械が存在します。

 

  1. 電気分解法
  2. 高周波法
  3. ブレンド法

 

これら3種類について紹介していきましょう。

 

 

①電気分解法

脱毛法 美容電気脱毛(ニードル脱毛)
種類 電気分解法
メカニズム 電気分解作用により、毛包内で水酸化ナトリウムを発生させ、発毛組織を処理。
特徴 どんなタイプの毛も処理できる ※開発初期の技法で現在はあまり使われない
脱毛効果 永久脱毛
照射時間 60~80秒
対応店舗※ なし

※2019年8月現在の確認結果です。最新情報は店舗へご確認ください。

 

ニードル脱毛が開発された初期の方法で、この方法だけで施術しているようなエステやクリニックほとんどありません。

化学反応を使用しているので、とても時間がかかる方法です。

後に出てくるブレンド法でこの方法が一部使用されています。

 

②高周波法

脱毛法 美容電気脱毛(ニードル脱毛)
種類 高周波法(スーパーフラッシュ法)
メカニズム 高周波の加熱作用により、発毛組織を凝固させて処理。
特徴 スピードが速く痛みが少ない。
脱毛効果 永久脱毛
照射時間 1秒以下(0.01~0.1秒)
対応店舗※ 調査中

※2019年8月現在の確認結果です。最新情報は店舗へご確認ください。

 

高周波法は、加熱スピードの速さです。

ただし、縮毛の方には不向きな方法と言われています。

日本人の様な直毛体質には向いているとされています。

 

③ブレンド法

脱毛法 美容電気脱毛(ニードル脱毛)
種類 ブレンド法
メカニズム 電気分解法と高周波法をブレンドした方法。アルカリと熱の相乗効果で発毛組織を処理。
特徴 毛質を選ばないので縮毛なども可。時間がかかる分痛みあり。
脱毛効果 永久脱毛
照射時間/本 10~15秒
対応店舗※ ・MEN’S TBC:スーパー脱毛、他調査中

※2019年8月現在の確認結果です。最新情報は店舗へご確認ください。

一般的なのはブレンド法です。

ブレンド法は、①電気分解法+②高周波法をブレンドした脱毛メカニズムです。

 

「毛包に細い電極(プローブ)を挿入」と先に記載しましたが、あくまでも毛を通して毛穴に入れているだけで、肌にはさしていません。そのため、指す時の痛みはありません。痛みが発生するのは、電気を流した時の痛みです。

 

光脱毛(美容ライト脱毛)

メラニン色素(黒い部分)にライトを当てることにより毛根を弱らせる脱毛方法。

メリットは、痛みが少ない点です。

「光」とは、キセノンランプやプラズマにより発生する光のことです。

「光」は、レーザーと比べて光が拡散しやすくエネルギーが弱くなりやすいため、痛みが少ないのが特徴です(正しくは、エネルギー密度が低い、と言います。)。

また、エステは病院とは異なり、やけどした場合に対処できないため、照射エネルギーを落とす必要があります。

そのため、効果が出にくいものの、痛みが少ないというメリットがあります。

光脱毛にも次の4種類あります。使用するランプの種類で分類すべきですが、わかり易さのため主要な光脱毛方法で分類します。

 

  1. IPL(インテンスパルスドライト)
  2. SSC(M)(スムース・スキン・コントロールメソッド)
  3. SHR(スーパーヘアリムーバル)

 

> 光脱毛の定義 <

日本エステティック振興協議会は、厚生労働省の通知を受け、美容ライト脱毛の定義を次のように制定しています。

「美容ライト脱毛とは、除毛・減毛を目的に皮膚に負担を与えず毛の幹細胞を破壊しない範囲で、エステティックサロンで行なわれる光脱毛をいう。」

要約すると、エステでの光脱毛では永久脱毛はしません!ということです。

 

IPL(インテンスパルスドライト)

脱毛法 光脱毛(美容ライト脱毛)
種類 IPL法
メカニズム 光のON・OFFを繰り返す「パルス照射」によって、皮膚表面の温度を上げることなく、毛根部分に熱を伝える脱毛方法。
特徴 光脱毛の中でも多く採用されている方法で、太く濃い毛に効果があることが特徴。
脱毛効果 除毛・減耗
対応店舗※ 調査中

 

SSC(スムース・スキン・コントロールメソッド)

脱毛法 光脱毛(美容ライト脱毛)
種類 SCC法(SCCM:スムース・スキン・コントロールメソッド)
メカニズム 肌に制毛成分フィリニーブを含むジェルを塗り、特殊な光と反応させることで反応するという、全く新しい理論に基づいた制毛法。
特徴 痛みが弱く、火傷等の肌への影響が少ないことが特徴。
脱毛効果 除毛・減耗
対応店舗※ 調査中

 

SHR(スーパーヘアリムーバル、ソプラノ法)

脱毛法 光脱毛(美容ライト脱毛)
種類 SHR法(蓄熱式脱毛)
メカニズム 光のON・OFFを繰り返す「パルス照射」によって、皮膚表面の温度を上げることなく、毛根部分に熱を伝える脱毛方法。
特徴 肌の色、毛質、毛色等の影響が無いため、誰でも施術ができます。縮毛や産毛などにも対応。痛みが少ないことも特徴
脱毛効果 除毛・減耗
対応店舗※ 調査中

 

医療脱毛

医療脱毛では、ニードル脱毛、光脱毛、レーザー脱毛すべて取り扱っています。

光脱毛とレーザー脱毛は同じ原理のため、エネルギーの弱い光脱毛を取り扱っている店舗は少ないです。

基本的には、医療脱毛はレーザー脱毛が主流だと思って頂いて問題ありません。

ここでは、ニードル脱毛の絶縁針脱毛とレーザー脱毛を紹介していきます。

 

ニードル脱毛:絶縁針脱毛

毛包に細い電極を挿入し、微弱の電気を流して発毛組織そのものを処理する脱毛方法。

 

絶縁針脱毛は、クリニック・病院でのみ施術を受けることができます。

絶縁針脱毛は、皮膚が火傷しないように、周りが絶縁体で覆われた細い電極(プローブ)を使用しており、より高いエネルギーで脱毛を施術することができます。

そのため、エステのニードル脱毛よりも効果が出やすいのです。

また、絶縁体で覆われている細い電極(プローブ)を使用するため、先端以外の皮膚へと熱が伝わらないことで、肌への影響が少ない脱毛方法です。

 

脱毛法 美容電気脱毛(ニードル脱毛)
種類 絶縁針脱毛
メカニズム 皮膚が火傷しないように、周りが絶縁体で覆われた細い電極(プローブ)で発毛組織を処理する脱毛法。
特徴 クリニック・病院でのみ施術を受けることができ、麻酔との組み合わせで痛みを軽減できる。肌への影響が少ないことも特徴。
脱毛効果 永久脱毛
対応店舗※ 調査中

 

レーザー脱毛

メラニン色素(黒い部分)に医療用レーザーを当てることにより毛根を焼く脱毛方法。

レーザー脱毛は照射力が強いため医療脱毛となります。

そのため、病院やクリニックのみで施術を受けることができます。

レーザー照射方式は大きく3つに分けられています。

それぞれについて、解説していきますね。

 

アレキサンドライトレーザー

脱毛法 レーザー脱毛
種類 アレキサンドライトレーザー
メカニズム 皮膚が火傷しないように、周りが絶縁体で覆われた細い電極(プローブ)で発毛組織を処理する脱毛法。
特徴 クリニック・病院でのみ施術を受けることができ、麻酔との組み合わせで痛みを軽減できる。肌への影響が少ないことも特徴。
脱毛効果 永久脱毛
対応店舗※ 調査中

 

ダイオードレーザー(SHR式(蓄熱式))

脱毛法 レーザー脱毛
種類 ダイオードレーザー(SHR式(蓄熱式))
メカニズム 皮膚が火傷しないように、周りが絶縁体で覆われた細い電極(プローブ)で発毛組織を処理する脱毛法。
特徴 クリニック・病院でのみ施術を受けることができ、麻酔との組み合わせで痛みを軽減できる。肌への影響が少ないことも特徴。
脱毛効果 永久脱毛
対応店舗※ 調査中

 

ダイオードレーザー(HR式(レーザー式))

脱毛法 レーザー脱毛
種類 ダイオードレーザー(HR式(レーザー式))
メカニズム 低出力のレーザーで、熱エネルギーをじわじわ蓄積していくことで毛根を破壊する脱毛法。
特徴 メラニン色素に反応しないため、日焼けしていても施術を受けることができるのが特徴。
脱毛効果 永久脱毛
対応店舗※ 調査中

 

YAG(ヤグ)レーザー

脱毛法 レーザー脱毛
種類 YAGレーザー
メカニズム アレキサンドライトやダイオードよりも長い波長のレーザーを使用するため、肌の奥へ届きやすい。
特徴 かなり強力であることから毛の濃い方にも効果的です。その一方で強力なため、痛みを伴う上に肌の炎症などが起きやすいです。そのため、クリニック・病院で麻酔との組み合わせ、肌トラブルへの塗り薬を処方するのが一般的です。
脱毛効果 永久脱毛
対応店舗※ 調査中

 

【永久脱毛とは?】脱毛は医療行為なのにエステ脱毛が存在する理由を解説! 脱毛は医療行為だけど、なぜエステ脱毛があるの? 前提条件として、厚生労働省の医政医...
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA