コラム

ロードバイク乗るならすね毛脱毛すべき理由!ロードバイク乗り向け脱毛クリニック選び方もあわせて解説!【ランキングベスト3】

 

 

「さぁ休日だ!ロードバイク乗るぞ!」

と意気込んだ後に、ソファの上で自分のスネ毛を見てがっかり。

しょうがなく、スネ毛を剃らなきゃ!と思い、そそくさとトリマーやカミソリで処理します。

毎回剃るのはホントに面倒ですよね。

面倒すぎてロードバイク乗るのをやめた日すらあります。

そんな方に向けて、今回はロードバイク乗りが脱毛した方がいい理由を紹介するとともに、10年以上脱毛クリニック選びに苦労した私がオススメのクリニックを紹介します!

 

ロードバイク乗るならすね毛処理した方がいい理由

 

GIANTやPINARELLOなど念願のロードバイクを買って、さらにジャケットとレーパンまでしっかりと準備して、サイクルショップで開催される朝ライドに行くと気分は完全にロードレーサー気分。

 

信号待ちで「あの人めっちゃカッコイイ!」と思われてるんじゃないか?と妄想し、ついつい高揚感にひたっちゃいますよね。

 

でも、残念なお知らせが2点ほどあります。

 

1つ目は、一般人はロードバイク乗りの服装をそこまでカッコいいと思っていないという点。理由は、緩んだカラダにピチピチのウェアを着ていることがカッコ悪いからです。特にレーパンに関してはそう思う人が多いようです。

2つ目は、レーパンから見えているモジャモジャのすね毛がNGという点。これは、率直に生理的にムリ!という女性も多いようです。

 

実は信号待ちの時には、こんな風に思われてるんですよね。

 

1つ目は、ロードバイクを乗っているうちにカラダ引き締まっていくため、あまり気にしなくても自然と解決します。

 

一方で、2つ目のすね毛に関しては何かしらの方法で処理する必要があります(ロング履く手もありますが、夏はさすがに暑いです汗)。

 

一般的には、カミソリやスネ毛トリマーなどの商品を使って毛を剃ると思います。

 

 

でも、この方法、処理した数日後に肌が触れるとめちゃめちゃチクチクするんです。ひどい時なんて服を着ているのに貫通してチクチクするという・・・。

 

ロードバイクにハマってた時期は毎週この不快感を感じていました。

 

この不快感をなくすためには、すね毛を抜くしかないです。

しかし、ピンセットで抜いたり、ガムテープでビリっと剥がしたり、ブラジリアンワックス使ってみたりしたのですが、結局どれも手間がかかるんです。(ガムテープ、ブラジリアンワックスは直後は超快適なんですが、次週は毛が短くて毛が抜けない状態になるので微妙でした。)

 

最終的に、この不快感に耐えかねて、すね毛脱毛することに決意しました。

 

私と同様にすね毛処理に困っているならすね毛脱毛するとイイですよ。トータルでの処理の手間を減らせるだけでなく、ロードバイク乗るのやめようとかなくなります。

 

ロードバイク乗りが脱毛すべき部位

 

ロードバイクに乗るなら「レーパンから見えるモジャモジャな毛はNG」と先ほどお伝えしましたが、個人的に脱毛した方がイイかなと思うランキングベスト3を紹介しておきます。

 

>ロードバイク乗りが脱毛すべきベスト3<

No.1 すね毛

No.2 太もも

No.3 けつ毛

 

No.2太ももは理解できるけどNo.3けつ毛というのは、結構意外だったかもしれません。

 

これはけつ毛が濃い人にしかわからないかもしれませんが、レーパン履いてる時に、けつ毛がパンツにひっかかってたまに「痛っ!」と引っ張られるんです。

 

そのため、お金に余裕があるならけつ毛を含めて処理してしまうことをオススメします。

 

 

ということで、オススメ部位を紹介しました。

さて、次はロードバイク乗りが脱毛にコストをかけるメリット・デメリットを解説していきましょう。

ロードバイク乗りが脱毛するメリット・デメリット

 

先に、脱毛にコストをかけることのデメリットを紹介しましょう。

 

  • ロードバイクのカスタムに使える金額が減る。
  • 平日忙しいと土日に脱毛に通う必要がある。

 

ロードバイクに乗っていると、だんだん色気が出てきてバーテープ変えたくなったり、リムの高めのカッコイイホイールに変えたくなったりと、結構コストが掛かるんですよね。

 

脱毛に数万円かけることになるため、カスタムをちょっと我慢することが必要になります。

 

加えて、平日に通院できないと、ライドに行こうと思っていた土日のどちらかに通院する必要が出てきてしまうのではデメリットです。

 

さて、次はコストをかけることで得られるメリットです。

 

  • レーパンからの見た目がカッコよくなり、信号待ちでも恥ずかしくない。
  • 毎週の処理が不要になってラク。
  • 自己処理後のチクチクする不快感がなくなる。

 

この辺りはすでに解説した通り、見た目が改善することと不快感が無くなる事でのダブル爽快感が圧倒的なメリットだといえます。

 

ここで、デメリットの解消法を紹介しておきます。

 

  • 脱毛が6ヶ月(3~4回)程度かかることを想定して貯金しておく。
  • 脱毛時に次回予約を必ずして計画を立てておく。

 

他にも方法はあると思いますが、計画的に脱毛をするとデメリットよりもメリットの方が大きい状態になりますのでオススメです。

 

ここまでメリット・デメリットを解説してきましたが、じゃあ脱毛ってどこに行けばいいの?と思います。

 

次は、脱毛クリニックの選び方を解説していきたいと思います!

 

ロードバイク乗りの脱毛クリニック選び方

 

脱毛の選び方のポイントは以下です。

 

  • エステはNG、クリニックでの脱毛が必須。
  • すね毛だけの脱毛すると太ももとの差が出てしまい後悔する。
  • 脚全体コースで金額の安いクリニックを選ぶ!

 

エステはNG、クリニックでの脱毛が必須。

前提条件としては、脱毛で失敗しないためには、エステ脱毛ではなくクリニック脱毛を利用してください。理由は、エステ脱毛は毛の細胞を破壊しないクリニック脱毛は毛の細胞を破壊することで脱毛する定義だからです。この定義から、どちらの方が永久脱毛となるか、この定義からわかるかと思います。

(詳細は脱毛は医療行為なのにエステ脱毛が存在する理由を解説!」にて解説しています。)

 

すね毛だけの脱毛すると太ももとの差が出てしまい後悔する。

脱毛クリニックでは、脱毛部位ごとに金額が分かれています。具体的には「足首~ひざ下」「ひざ」「太もも」「足の甲、足指」と部位が分かれています。

そのため、スネ毛だけ脱毛をすると「ひざ」「太もも」「足の甲、足指」が濃いまま残ってしまいます。

下半身脱毛部位

 

脚全体で選ぶなら脱毛機種でしっかり選ぶ

下半身全体を脱毛する場合は、施術時間が長いため、脱毛機種に制約が出てきます。

具体的は、脱毛のヘッド(レーザーなどを当てる箇所)が大きい必要があります。

そのため、一般的には連続照射が可能な機種が使用されます。

つまり、機種はほぼ決まってしまいます。

そのため、できるだけ金額の安いクリニックを選ぶと失敗しないです。

 

意外とシンプルです。それでは最後にこれらポイントを踏まえたクリニックを選んでみた時のおすすめクリニックを紹介しますね!

 

ロードバイク乗りにおすすめな脱毛クリニック

 

「足首~ひざ下」「ひざ」「太もも」「足の甲、足指」の脚全体を5-6回脱毛することを前提とした金額を主要脱毛クリニックの金額を以下に記載します。

 

クリニック名 脚コース金額
メンズリゼ(公式HP 110,800円(5回)(税別)
ゴリラクリニック(公式HP 198,000円(6回)(税別)
湘南美容クリニック(公式HP 165,000円(6回)(税込)
ドクターコバ(公式HP 200,000円(5回)(税別)

 

ここでは最も安いメンズリゼを紹介しますね。

 

メンズリゼ足全体脱毛金額(税別)

【公式サイト】https://www.mens-rize.com/

メンズリゼは男性専門医療脱毛専門クリニックです。1回、3回コース、5回コース各々を選ぶことができます。また、コース終了後料金が18,400円と安い金額設定で良心的ですね。

 

脱毛は数万円と高価なものですが、毎週15分のすね毛処理がなくなるだけで、ロードバイクに乗る気持ちが前のめりになりますよ。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA